理事長/学院長メッセージ

理事長メッセージ

山﨑雅男理事長 明治学院は、ジェームズ・C・ヘボン博士が1863 年に創設した英学塾=ヘボン塾をその淵源としています。ヘボン博士は米国のプロテスタント教会長老派の宣教医として来日され、近代化を進める当時の日本において、医学・英学を教える教育者として、医師として、学者として、またキリスト教の信仰者として多大な貢献をされました。その姿は私には「イエスはガリラヤの全地を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。」(マタイ4:23)というガリラヤ宣教を始められたイエス様の姿に重なって見えます。この聖書にあるようにイエス様は諸会堂で聖書を教えられ(教育)、福音宣教(伝道)をなされ、病人を治された(治療)、からです。キリスト教の宣教医であったヘボン博士が創設された明治学院は、従ってキリスト教精神に立って教育がなされております。
 明治学院は2013 年に創立150 周年を迎えた我が国で最も歴史ある学校の一つですが、これを機に教育ビジョン~隣人と生きる世界市民の育成~を定め、このビジョンを私たちの使命(ミッション)として教育活動を進めています。その内容は、建学の精神である「キリスト教に基づく人格教育」を発展させることを基本に、「ボランティアスピリッツの醸成」「グローバルマインドの形成」「キャリア教育の充実」を目標に据えて、これらを実現するため、教学内容と教育環境の整備・改善を計画的に進めることであります。
 私たち人間は個々異なる環境の中で生まれ育ち、意識するか否かは別にして知識や技術を自ら選択して学びながら成長していきます。このことを繰り返して人間は世界に一人しかいない個性や特性を持つ者として成人になっていきます。しかしこのたった一人しかいない個人は社会的な存在として他との関わりの中でしか生きていけないことも真実であります。教育ビジョンの「隣人と生きる」ということは、「あなたの隣人を愛せよ」という聖書の言葉に基づいていますが、聖書は人がこの世界で生きていく時に他を愛することを欠いてはならないと教えています。このことをビジョンは受けているのです。学生時代まさに青春の時に、困難な中にある人に寄り添い(ボランティアスピリッツ)、世界全体を視野に入れて活躍出来る力を養い(グローバルマインド)、世界でたった一人の自分の能力と個性を活かす仕事(天職としてのキャリア)を見出すこと、を目指しているのです。明治学院はこのような人間形成を進めるべく、教育環境を整備し、相応しいカリキュラムを策定し、教育を行っています。
 最後に建学の精神「キリスト教に基づく人格教育」に触れて終わります。ヘボン博士は米国において、長老派の宣教医であり、恵まれた地位と富、また名声を得ておられました。江戸幕府が開港したことを受けて、見知らぬ日本に向おうとした時、友人達はさらなる富と栄達の道を振り捨てた博士を「愚か者と嘲笑った」と68 歳の時の手紙に書いておられます。全てを捨てて博士を江戸末期の、未知の日本に送り出したものは何でしようか?それはヘボン博士の内に働かれた神様の御愛です。博士はキリスト教信仰に立っておられました。この神様の愛に触れて救われ、キリスト者とされた者は、次には神様の愛に押し出されて、自ら得たもの全てをなげうっても他を愛する行為に進むように導かれるからなのです。この博士が立っておられた信仰は、大学のスクールモットー「Do for Others」(他者への貢献)に受け継がれ今日に至っています。このようにキリスト教信仰に深く根ざして、キリスト教に基づく人格教育を根本に据えて、明治学院の教育は行われているのです。

理事長  山﨑 雅男 (やまざき まさお)
山﨑 雅男


 

2017─自由と平等への道程

小暮修也学院長「もし明日世界が終わるとしても、私は今日、リンゴの木を植えるでしょう。」
これは、マルティン・ルターの言葉と言われています。

 修道士マルティン・ルターは、今から500年前の1517年10月31日、東部ドイツのヴィッテンベルク城(教会)の城門に「95箇条の提題」を打ち付けました。当時のローマ・カトリック教会の教皇レオ10世(在位1513~21)は、サン・ピエトロ大聖堂を改築するための資金と、南ドイツの財閥フッガー家からの借財を返すために、贖宥状(しょくゆうじょう)(免罪符)を売り始めました。この贖宥状(免罪符)は、教会に金品を寄付すれば、善い行いをしたことになり、犯した罪が許されるという証書ですが、ルターはこのことに疑念を抱いたのです。
 ルターは、このような贖宥状(免罪符)によって罪は許されない、聖書を信じる信仰のみによって許されるという、「信仰のみ」「聖書のみ」「万人祭司(全信徒祭司性)」という考えを打ち出しました。これがいわゆる「宗教改革」といわれる出来事であり、ローマ・カトリック教会に抗議(Protest)する人からProtestantと呼ばれるようになったのです。
 ルターは呼び出され、審問にかけられ、命をねらわれる状況でしたが、ルターに同調する有力者も現れ、隠れて、その主張を広めることができました。当時、発達した印刷術のおかげで、ルターの主張は広く知れ渡ることになりました。このルターからカルヴァンへと進む「宗教改革」は、近代の始まりと考えられ、その後のプロテスタンティズムの倫理は資本主義の精神に影響を及ぼし、近代市民革命につながる精神的な働きを担ったと言えます。
 誤解のないように言えば、カトリックの側でも「教会改革」が起こり、贖宥状(免罪符)は廃止され、マザー・テレサのように、人々の間に入って信仰を広め奉仕をするためにアジア・アフリカ・南米に出ていく神父やシスターも現れたのです。
 また、今から100年前の1917年には第一次世界大戦が継続していて、「ロシア革命」が起きました。
 日本で言えば、徳川幕府が「大政奉還」し、明治の時代に入っていったのが150年前の1867年です。封建社会を脱し、「自由と四民平等」を目ざして変革に進んでいった年です。
 150年前は、「女性は学ぶ必要がない」とされていましたが、1873(明治6)年に「切支丹禁令の高札」が撤去され、その後、全国各地でキリスト教女子学校が作られ、女性も社会の発展のために学ぶ必要があるとされました。これは、徳川幕府までの価値観の転換を迫るものでした。現代、たくさんの女子学生が学んでいることを嬉しく思います。
 ところで、この度、明治学院は中学・高校・大学・大学院を含めて、新たに教育ビジョンを定めましたが、そのビジョンでは「隣人と生きる世界市民の育成」という使命を掲げています。
 現代は、自分の国が第一、自分たちさえ豊かになればいい、そのためには国境に壁を設けるのだ、という考えが欧米そしてアジアにも出てきています。このことを批判することはたやすいことですが、よく考えますと、私たち人間は「壁を作りたがる存在」です。
 私たちの社会でも様々なところに壁やバリアーが作られています。壁をどう乗り越えるか、バリアーをどうフリーにしていけるかが私たちの課題です。明治学院は、この壁やバリアーの存在をしっかり見すえつつ、隣人と共に生きることのできる世界市民をこれからも育てていきたいと願っています。

学院長  小暮 修也 (こぐれ しゅうや)
小暮 修也