理事長/学院長メッセージ

明治学院創立200年に向けて

青本理事長明治学院は、2013年、ヘボン塾創設以来、150年の節目の年を迎えました。多くの記念行事が企画され実施されました。また『明治学院百五十年史』(本編・主題編二巻)を編纂し、ヘボン式ローマ字で有名なヘボン博士の『和英語林集成』の復刻版を刊行いたしました。明治学院の歴史を通じて明治維新以来の日本の中・高等教育を振り返る大変貴重な経験であり、また明治学院を広く国民の皆様に知っていただくいい機会であったと思います。

 2014年からは、創立200年に向けての新たなスタートであります。50年先の明治学院はどういう姿をしているでしょうか?私は時々その姿を想像します。私たちが基盤とし、その維持と発展を目指すキリスト教精神に基づく教育は堅持して行かなければなりません。教育に携わる教職員は入れ替わっているでしょうが、創設以来堅持してきた教育の理念とチャペルを中心とするキャンパス、またそこに息づく静穏な雰囲気は今に変わらず残されていることでしょう。

 また私は時々思います。『教育とはなんだろうか?』最近、特に高等教育を中心にWebサイトでの教育、つまり、MOOCs(Massive Open Online Courses)が話題になっています。米国の有名大学が始めたもので、Web上での学習です。自分の都合のいい時間に、自分の好きな分野を、しかも質の高い授業が無料で受けられるという画期的教育方法です。単に学生を対象にしたものではなく、広く社会人をも念頭に置いた教育でありますし、受講者が一定の水準をクリアーすれば、大学卒業と同等の修了認定が与えられると言われています。学問を修めるために高い授業料を払って私立高校や私立大学に通う必要はないのではないか?既に日本のトップクラスの国立大学でもMOOCsの導入を検討していると聞きます。おそらく、10~20年後にはMOOCsあるいはこれに類似するICTを利用した高等教育はさらに普及していることでしょう。そのような時代において「高等学校の教育はどうあるべきか」「大学は何の為に存在するのか」、キャンパスというハードの要素を含め、「教育」の意味をその原点から確認する必要に迫られることは間違いありません。

 自然科学、人文・社会科学、いずれの分野でも教育の質はますます高度化を求められ、細分化していきます。専門分野が細分化されるに従い、専門家でも一寸した分野の違いで互いに研究している内容が理解できなくなってきつつあります。そこには『疎外』と『分離』の力が働きます。その行きつくところは、社会の常識さえ体得できない偏った人間を育てる結果にならないでしょうか?そうした知識の追求だけが「教育」なのでしょうか?明治学院の中等・高等教育は決してそうであってはならないと思っています。「教育」は、優れて、幅広い学際を越えた知識を総合した『人間としての成熟』を支援していく働きであり、学校は、そのためにキャンパスを持ち、生徒・学生と教職員が共に切磋琢磨する『人間の交わる場』でなければなりません。人が集まり、教職員や先輩・同輩と共に議論し、共に学び、絆を固くしていく、人として成長していく場であると思います。

 これからの50年間は、これまでの50年間に比べて質的に異なる時代を迎えます。しかし、どのような変化が待ち構えているにしても、私たち教育に携わる者たちは、その変化を鋭く認識すると同時に、明治学院の教育の原点に絶えず立ち戻って『21世紀の世界市民を育てる』教育を目指す事を心がけてまいります。キリスト教の精神に基づき、中・高・大の一貫教育を掲げる明治学院が、この社会に存在する意味を決して忘れてはいけないと思っています。私たちは、世界の皆さま方と共に進化し、成長してまいる決意であります。

理事長  青本 健作 (あおもと けんさく)
青本 健作


 

2017─自由と平等への道程

小暮修也学院長「もし明日世界が終わるとしても、私は今日、リンゴの木を植えるでしょう。」
これは、マルティン・ルターの言葉と言われています。

 修道士マルティン・ルターは、今から500年前の1517年10月31日、東部ドイツのヴィッテンベルク城(教会)の城門に「95箇条の提題」を打ち付けました。当時のローマ・カトリック教会の教皇レオ10世(在位1513~21)は、サン・ピエトロ大聖堂を改築するための資金と、南ドイツの財閥フッガー家からの借財を返すために、贖宥状(しょくゆうじょう)(免罪符)を売り始めました。この贖宥状(免罪符)は、教会に金品を寄付すれば、善い行いをしたことになり、犯した罪が許されるという証書ですが、ルターはこのことに疑念を抱いたのです。
 ルターは、このような贖宥状(免罪符)によって罪は許されない、聖書を信じる信仰のみによって許されるという、「信仰のみ」「聖書のみ」「万人祭司(全信徒祭司性)」という考えを打ち出しました。これがいわゆる「宗教改革」といわれる出来事であり、ローマ・カトリック教会に抗議(Protest)する人からProtestantと呼ばれるようになったのです。
 ルターは呼び出され、審問にかけられ、命をねらわれる状況でしたが、ルターに同調する有力者も現れ、隠れて、その主張を広めることができました。当時、発達した印刷術のおかげで、ルターの主張は広く知れ渡ることになりました。このルターからカルヴァンへと進む「宗教改革」は、近代の始まりと考えられ、その後のプロテスタンティズムの倫理は資本主義の精神に影響を及ぼし、近代市民革命につながる精神的な働きを担ったと言えます。
 誤解のないように言えば、カトリックの側でも「教会改革」が起こり、贖宥状(免罪符)は廃止され、マザー・テレサのように、人々の間に入って信仰を広め奉仕をするためにアジア・アフリカ・南米に出ていく神父やシスターも現れたのです。
 また、今から100年前の1917年には第一次世界大戦が継続していて、「ロシア革命」が起きました。
 日本で言えば、徳川幕府が「大政奉還」し、明治の時代に入っていったのが150年前の1867年です。封建社会を脱し、「自由と四民平等」を目ざして変革に進んでいった年です。
 150年前は、「女性は学ぶ必要がない」とされていましたが、1873(明治6)年に「切支丹禁令の高札」が撤去され、その後、全国各地でキリスト教女子学校が作られ、女性も社会の発展のために学ぶ必要があるとされました。これは、徳川幕府までの価値観の転換を迫るものでした。現代、たくさんの女子学生が学んでいることを嬉しく思います。
 ところで、この度、明治学院は中学・高校・大学・大学院を含めて、新たに教育ビジョンを定めましたが、そのビジョンでは「隣人と生きる世界市民の育成」という使命を掲げています。
 現代は、自分の国が第一、自分たちさえ豊かになればいい、そのためには国境に壁を設けるのだ、という考えが欧米そしてアジアにも出てきています。このことを批判することはたやすいことですが、よく考えますと、私たち人間は「壁を作りたがる存在」です。
 私たちの社会でも様々なところに壁やバリアーが作られています。壁をどう乗り越えるか、バリアーをどうフリーにしていけるかが私たちの課題です。明治学院は、この壁やバリアーの存在をしっかり見すえつつ、隣人と共に生きることのできる世界市民をこれからも育てていきたいと願っています。

学院長  小暮 修也 (こぐれ しゅうや)
小暮 修也