チャペルコンサートシリーズ

明治学院チャペルコンサートシリーズ2017 演奏会のご案内

学校法人 明治学院
事務局  学院長室

ヴォーリズ建築の荘厳な明治学院礼拝堂[チャペル](東京都港区有形文化財)に作られたパイプオルガン(2009年完成)。12年の歳月をかけ、オランダのオルガンビルダー、ヘンク・ファン・エーケンによって、18世紀以前の「失われた歴史的工法」によって作られた、世界で4台目、日本では初となる大変貴重なパイプオルガンです。
2017年度も「明治学院チャペルコンサートシリーズ」では、このオルガンの響きを最大限活かした、著名な演奏家によるコンサートを開催します。昔通りの不純物の混ざる金属パイプ、美しい黒檀の鍵盤、ドイツ・オークの無垢材をふんだんに使った重厚な数寄屋造りのオルガンから流れ出る美しい音楽に、ぜひ耳を傾けていただきたく、白金のチャペルにどうぞ足をお運びください。  
なお、チケットは5月1日(月)よりFAXによる一般申込受付を開始いたします。

●2017年9月21日(木) 19時開演

「ギ・ボヴェ オルガンリサイタル」

アーツカウンシル_ロゴ

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団(アーツカウンシル東京)

 第8回武蔵野市国際オルガンコンクールの審査委員長として久しぶりに来日するギ・ボヴェ氏は、世界中でコンサート、コンクール審査員、マスタークラスを行う優れたオルガニスト、作曲家です。15世紀の古い音楽も、自作の前衛的な作品も、今生まれたばかりのようなフレッシュな演奏をする情熱家である反面、8ヶ国語(日本語を含む!)を自由に操る明晰な頭脳で、学者・教育者として世界のオルガニスト達をリードしています。
 楽譜校訂をする学者としての一面のほか、演奏の時には、全身白のスーツにまばゆいネクタイ、というコメディアンのようないでたちで、タンゴやジャズをテーマに即興するなど茶目っ気たっぷりのエンターテイナーぶりには、オルガン音楽という地味なジャンルの本当の面白さを人々に伝えたい、という情熱がかくされているのです。
秋の明治学院チャペルでどんな興味深いパフォーマンスを見ることができるでしょうか?

<出演>
オルガンソロ:ギ・ボヴェ
<プロフィール>
ギ・ボヴェ /1942年スイス生まれ。バーゼル音楽院オルガン科教授として2008年まで後進を指導。世界各地のアカデミーで教え、オルガン音楽の解釈や新しい楽譜の校訂など多彩な業績を生む。特にスペインの歴史的オルガン修復とオルガン音楽の普及に大きな貢献をした。CDも数多く、これも世界各地(スイス・フランス・スペイン・南アメリカ・フィリピン、日本)の歴史的オルガンで録音したCDは50枚をゆうに越える。日本にも数回来日して、岐阜市サラマンカホールでのコンサートやマスタークラスでスペイン音楽を国内に紹介した。
学者としては、スペイン音楽の第一人者として研究・著作を行うほか、スペインの影響を受けた南アメリカやメキシコでのオルガン音楽研究の分野でもトップを走り続けている。
スイス・ヌシャテル大学名誉博士、アメリカ・ダラス市名誉市民。
第8回武蔵野市国際オルガンコンクールの審査委員長として今回来日している。
<曲目>
  • ファンタジア クロマティカ(J.P.スウェーリンク)
  • カンティレーナ(S.シャイト)
  • ファンタジア、デュオ、シャコンヌ(L.クープラン)
  • トッカータ、アダージオとフーガ(J.S.バッハ)
  • ティエント(C.de.アラウホ)
  • ファンダンゴ ミーオ(G.ボヴェ) ほか

※演奏会は、休憩を含め20時50分終演予定です。

<入場料>
一般4,000円 (ペアチケット7,000円)
学院関係者3,500円 (ペアチケット6,000円)
学生2,000円 (ペアチケット3,000円)
○本校の大学生は大学保証人会の支援による「特別チケット」を学生部で受取れます。
※港区民優待チケットのご用意はございません。
<当日券のお知らせ>
 当日券を18:15より販売いいたします。販売枚数に限りがございますので、お急ぎください。

8/3(木)予約申込締切日後、空席がある場合は、当日券の販売をいたします。ただし、ペアチケットの販売はございません。また、別途1枚につき当日券事務手数料\200を申し受けます。

◆演奏会チラシ   「 明治学院チャペルコンサートシリーズ 2017」第1回演奏会(表)(PDF)
「 明治学院チャペルコンサートシリーズ 2017」第1回演奏会(裏)(PDF)

●2018年1月20日(土) 15時開演

「J.S.バッハのオルガン全作品シリーズ Vol.7」

 バッハのオルガン全作品を演奏し尽くす。ようやく半分に到達するか、というところまで来ました。
 バッハに関する研究は20世紀の間かなり進められましたが、1982年にアメリカ・イェール大学で発見された曲集がバッハの作品であることが判明したとき、「バッハ探求はまだまだ続く」と世界中が思ったのです。
 今回は、新たに発見された「ノイマイスターコラール集」から青年時代の作品、円熟した「コンチェルト」、そして晩年の大作「プレリュードとフーガ ロ短調」を中心に、様々な年代の作品を、明治学院のバロックオルガンでお楽しみいただきます。

<出演>
オルガンソロ:長谷川美保
<プロフィール>
東京藝術大学及び大学院、アムステルダム・スウェーリンク音楽院卒業。明治学院音楽主任者・オルガニスト・明治学院大学講師。神戸松蔭女子学院大学講師。
<曲目>
  • トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
  • プレリュードとフーガ ホ長調 BWV566
  • プレリュードとフーガ ホ短調 BWV533
  • プレリュード イ短調 BWV569
  • カンツォーナ ニ短調 BWV588
  • アラ・ブレーヴェ BWV589
  • コラールパルティータ「イエス・キリストよ、汝真昼の光」 BWV766
  • コラールパルティータ「おお神、汝義なる神よ」 BWV767

※奏者による解説付きの演奏会です。休憩を含め17時終演予定です。

<入場料>
一般3,000円 (ペアチケット5,000円)
学院関係者2,500円 (ペアチケット4,000円)
学生1,000円 
○本校の大学生は大学保証人会の支援による「特別チケット」を9/25より学生部で受取れます(予定)。
※港区民優待チケットのご用意はございません。
<当日券のお知らせ>
12/10(日)予約申込締切日後、空席がある場合は、当日券の販売をいたします。ただし、ペアチケットの販売はございません。また、別途1枚につき当日券事務手数料\200を申し受けます。当日券の有無については12/25(月)以降にご案内いたします。
◆演奏会チラシ   「明治学院チャペルコンサートシリーズ2017」(表)(PDF)
「明治学院チャペルコンサートシリーズ2017」(裏)(PDF)

* * * * *

5月1日(月)よりFAXによる申込受付開始! 申込方法をご確認ください。

◆申込方法
  1. (1) 演奏会チラシ裏面を用いて、必要事項とご希望のチケット枚数をご記入のうえ、各申込締切日までにFAX(03-5421-5236)もしくは郵送にて予約申込みをしてください(郵送の場合は必着)。
  2. (2) 約1~2週間後に、公演ごとの「代金振込用紙」を郵送いたします。お近くのコンビニエンスストアにて、それぞれのチケット代金をお支払ください。代金振込用紙1枚につき事務手数料(¥100)が別途必要です。
  3. (3) 指定の期日までにご入金の確認ができない場合、予約をお取り消しさせていただきます。
  4. (4) 入金確認後、演奏会5日前までにチケットを郵送します。お手元に届かない場合はお問い合わせください。
  5. (5) 当日はチケットをお忘れなくご来場ください。

チケット受取りまでの概略はこちら  チケット受取概略(PDF)

◆キャンセル方法
  • お支払後のキャンセルは、キャンセル締切日(演奏会10日前)まで受け付けます。チャペルコンサート係までお電話ください。(TEL 03-5421-5230) キャンセル締切日以降は、対応いたしかねますのでご注意ください。
  • 返金時の手数料は、お客様負担とさせていただきます。チケット代より返金手数料(¥500)を差し引いた金額が、ご指定の銀行口座に返金されます。ご了承ください。
◆ご注意
  • 日程・出演者が変更となる場合、このWebサイトでご案内いたします。
  • 各公演とも先着順で申し込みを承ります。満席となり次第、受付を締め切らせいただきますので、お早めにお申し込みください。満席となった場合は、ホームページ上で受付の終了をお知らせいたします。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。
  • 学生料金は27歳までが対象です(当日要学生証提示)。
◆会場       明治学院チャペル (〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37)
交通アクセス(http://www.meijigakuin.jp/access/
◆お問合せ     明治学院 学院長室 チャペルコンサート係
TEL 03-5421-5230(平日9:00-16:00)  FAX 03-5421-5236
◆関連リンク    明治学院礼拝堂(白金キャンパス)のパイプオルガンについて
バックナンバー 【2010~2016年度終了分】明治学院チャペルコンサートシリーズ